くるざドットコム>>アフリカ >> エジプト >>カイロ・ギザ ★2006年お正月★
T記者が筑波万博でエジプト館に関わり、一度来た事があったのですが私は初めて。T記者に話すや是非行った方が良いとのこと。

ギザのピラミッドは意外と知られすぎていて見た時に驚かなかったのですが、アブ・シンベル大神殿などは心底驚きました。機内から見える景色がすごいこと。

これからはアフリカの時代とも言われていますが、未知なる発見が無限に秘められている場所だと思います。謎が謎を呼ぶというか、まさにこれぞ吉村先生の世界なんだと実感しました。(笑)



 @エジプト考古学博物館/カイロ
 Aムハンマド・アリ・モスク/カイロ
 Bハーン・アル・ハリーリ/カイロ
 Cナイル川ディナークルーズ/カイロ
 D三大ピラミッドとスフィンクス/ギザ
 Eル・メリディアン・ピラミッズ/ギザ
 FAir/東京→アムステルダム→カイロ

 アレキサンドリア&ルクソール編
 ※アスワン&アブシンベル編へ
地球の歩き方
'07-'08
〜エジプト〜

古代エジプト、コプトとイスラーム、カイロとピラミッド、ナイル川中流域に巨大遺跡を訪ねて!最新情報はネットで事前に!※最新号をお求め下さい。
ピラミッド文明・
ナイルの旅


河口の都市アレクサンドリアから、ギザ、ルクソール、そしてアブ・シンベルまで。どんな遺跡があり、どんな謎がひそんでいるのか。吉村先生の本は分かりやすい!
古代エジプト神々
大百科


多数の神々の性格や神話、図像表現や崇拝の特徴などを詳述した、古代エジプト人の宗教世界のきめ細かな概説書かつ事典。高価なのは仕方ないかな?と思ったり。
ベリーダンス・
レッスン
青木香葉


大学の学園祭でベリーダンス部の女性達がよく踊っていました。女性から見ても美しい踊りだと思いますね。最近ジムでもありますね。
 @エジプト考古学博物館(Egypt Museum) ※通称:カイロ博物館 場所:カイロ市内
ピンクの壁が印象的な博物館の中には、12万点にものぼる遺物が収蔵されていて、今でも増え続けており、常時6,000点以上は展示しているそうで、じっくり見るなら1日はかかりそう。入り口近くではラムセス2世像がお出迎え。ツタンカーメンや玉座など有名どころが並ぶ中で、装飾品や守り神など色々な出土品もありました。似たものがこれだけたくさんあるとは驚くばかり。小さくて可愛かったのはクフ王の像。村長の像は西郷隆盛とちょっと似ていたのですが、いちじくの木から作られたものだそう。

ツタンカーメンの黄金のマスク 蛇とハゲタカの紋章

黄金の玉座 宝石も金も本当に眩い!

カフラー王の座像、ちょっとライオンっぽい。

装飾品 結構オシャレ

たくさん並んでいてビックリ
このプリっとしたお尻に惚れました
2Fは吹き抜けに

書記座像

何だか心惹かれた書記座像。素材はサッカラ出土の石灰岩で、パピルスの巻物を持っています。 ツタンカーメン王のカノプス壷はミイラを作る時に、胃・肺・肝臓・腸の4つの内臓を取り出し、それらをお守りする神ということで4体が向き合っています。象形文字の解読で有名になったロゼッタストーンのレプリカもありました。確か大英博物館に本物があったかと。中にはミイラ室も。魂が無い肉体の意味を思わず考えてしまいました。いずれにせよ、ここに来ると本当に古代エジプトが存在していたことを実感できます。実際に街中に歩いている人々と顔がそっくりだし、DNAがしっかり生きている気がします。遺物を見る事で、国家や権力というのが時には計り知れない力を持つことが十分理解できました。別世界のように見えて、同じ人間の世界。この地球上でも同じような境遇にいる人がもしかしたらいるかもしれませんネ。今後いくら将来色々な発明があったとしても、この黄金や宝石を超える物は出てこないのでは?と思ったり。それぐらい本物の迫力がありました。
▲TOPへ戻る
 Aムハンマド・アリ・モスク 場所:カイロ市内

1857年に完成した比較的新しいモスク。全体にアラバスター(雪花石膏/大理石の一種)を用いているので、アラバスター・モスクとも。とにかくモスク内のシャンデリア、ステンドグラス&ランプの美しさに言葉を失うほど。お祈りをしている人もいるのでお静かに♪

概観はブルーモスクにもプラハ城にも似ていたり

このシャンデリアのすごいこと

絨毯に座って上を眺めると・・・キレイ

内部に入るとキレイなランプに目を奪われ、天井を見上げるや完全にイスラームの世界。光に照らされたステンドグラスがまた美しく、芸術品といった感じ。靴を脱いで絨毯に座りゆっくりと過ごすのが一番!外に出て外郭を登ると、このモスクを含めカイロ市内が見渡せます。街中の近代的なビルからモスクまでが共存している所が面白いですね。
▲TOPへ戻る
 Bハーン・アル・ハリーリ(KHAN ELKHALILI) 場所:カイロ

最初は金銀などの貴金属細工や香水入れに見入っていたのですが、奥にどんどん住んでいくと現地の人が集まっている通りが・・・そっちに興味がいってしまい、色々見てみる事に!ちょっと気になった電気屋に入ったら、私を見るなり、オジサンが「日本人?」と聞くので、「そうだよ」と言ったら、「うちは東芝の店なんだ!TOSHIBA知ってるか?」と。「そりゃ知ってるヨ!」と答えると、誇らしげに周囲の客に自慢し始めた。私はちょこっとアラビア文字が読めるので、書いてあるのを説明したら、皆ビックリ仰天!「一体どこで勉強したんだ?」と聞くから、「いや大学でちょこっと。」と言ったら、またまたぶったまげた!という表情。あんなに大きな目で驚かれると私の方が数倍も驚くんだよ、おじさんってば!てな感じ。それを聞いてた近くの坊やはオレを写真に撮ってくれ!というから撮ってすぐに見せてあげたら、「超イケテル!」って自分で言うから大笑い。「カッコいいよ、お兄ちゃん、商売繁盛頑張れ〜!また来るよ!」と言ってお別れ。なんて気さくで楽しい人達なんだろう!と思ったり。最近日本で欠けていたホットな感情が自然に沸いてきました。おしん・FUJIKOも頑張ります!

★★★FUJIKO'S お土産 公開★★★

カイロではアラブの商人根性をかなり味わいました。上海の商人なんて全然かわいい!と思えるほどすごいのです。この螺鈿の宝石箱も最初は300US$とか言うので「冗談はやめてよ、おじさん、せめてエジプトポンドの間違いでしょ?」という感じで値段交渉開始♪帰るフリをすれば結構下がるもので・・・最終的には10分の1以下にするように説得しました。そのうち困った顔で『Strong Girl』なんて言うのでプフッと噴出し笑い♪日本人をナメタラあかんでよ。本当にアラブの商人は芝居上手ですので、心に余裕を持って会話を楽しんで下さい!先に空港で相場を見ておくのも良いですヨ!他にも銀細工、水タバコ(葉を忘れずに!)、アラバスターの入れ物など、エジプトならではのお土産も多数あります!そうそうヒエログリフで名前を書いてもらったTシャツを数人のお土産にしたのですが、あまり評判がよくなかったですね。理由はエジプト綿が洗濯すると縮んでしまうからでした!ご参考まで!

パピルスの飾り物 内容はコーランの一部

螺鈿の宝石箱 中国の螺鈿の原型です!

香水入れ&サイの置き物
▲TOPへ戻る
 Cナイル川ディナークルーズ 場所:カイロ
部屋からピラミッドが見えるという条件で探した所、ココに決まりました。昼間はプールで泳ぐ人達が目の前を通っていましたが、リゾートホテルでリラックスできます。何よりピラミッドが朝起きて見えるというのは最高です。カイロ市内やこのギザ地区には高級ホテルが多いので、目的別で選ぶと良いかと思います。宮殿風だったり、リゾート向け、ナイル川が見える、ショッピング中心など何でもありなのがこの街です。どこも観光客慣れしていて、対応がスムースなのがまた良かったり。折角ここまで来たら、是非ともホテルライフの満喫していただければと思います。

▲TOPへ戻る

★★ Break Time! エジプトのオススメ品 ★★


ナルギレ 水パイプ
40cmサイズ ブルー
※タバコの葉は別売り


ガラス細工香水瓶
高さ約16cm
インテリアとしても!


ピラミッド
ヘーゼルナッツ チョコレート

綿GIZA45


ブリヂストン
最高級羽毛布団

生地はエジプト超長綿GIZA45


クリスタルシャンデリア
エジプト製のアスフォール
クリスタル使用
 D三大ピラミッドとスフィンクス 場所:ギザ
カイロ市内から車で30分ぐらいで到着。突然現れる巨大のピラミッドとスフィンクス。ピラミッドを近くで見ると、各々の石が高さ150cmぐらいとかなり大きく、ピラミッドの作り方は1辺を斜めの道にして丸太や油を使って石を上に引っ張っていったというのが有力だそう。ナイル川の氾濫があった当時はちょうど農民達の手が空くため事業としては成功したと。当初は花崗岩などで覆われていた上に、周りに何も無かったので、砂漠の中でキレイに光っていたのでは?と考えられているようです。

入場数の制限があるクフ王のピラミッド(1辺230m)の内部に入るや、湿気が多くムワァ〜とした空気の中、急坂を登ることに。出口をふさがれたらあの世行きだなぁ〜なんて思いつつ、大回廊へ。(ここから王妃の間へ通じる通路もありますが通れず。) 真ん中に狭い階段があり、低い天井を抜けると王の玄室なのですが、石棺だけでした。私は最初に入った盗賊の気分を味わってみたかったですが・・・(笑)

カフラー王がモデルと言われる高さ57mのスフィンクスは胴体も長く結構大きなものでした。確かに視線の先にはKFCが。太陽の船という14年かけて復元されたものもありました。解明して欲しいと思いつつ、ベールに包まれた姿も魅力的です。


この視線の先にはKFCが・・・

左からクフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッド

ラクダに乗って回っている人も

スフィンクスの胴体が長いのにビックリ

クフ王のピラミッドの側面、近くで見るとデコボコ

各々の石があまりに大きい
▲TOPへ戻る
 Eル・メリディアン・ピラミッズ(LE MERIDIEN PYRAMIDS) 場所:ギザ
部屋からピラミッドが見えるという条件で探した所、ココに決まりました。昼間はプールで泳ぐ人達が目の前を通っていましたが、リゾートホテルでリラックスできます。何よりピラミッドが朝起きて見えるというのは最高です。カイロ市内やこのギザ地区には高級ホテルが多いので、目的別で選ぶと良いかと思います。宮殿風だったり、リゾート向け、ナイル川が見える、ショッピング中心など何でもありなのがこの街です。どこも観光客慣れしていて、対応がスムースなのがまた良かったり。折角ここまで来たら、是非ともホテルライフの満喫していただければと思います。
▲TOPへ戻る
 FKLMにて東京→アムステルダム→カイロ 『えっ、まさか・・・』
アムステルダムの乗り継ぎ時間が1時間半ぐらいだったのですが、東京からの飛行機が遅れたので、実際の乗換え時間は30分。このスキポール空港はかなり大きな空港なので、走るといっても本当に全速力。乗ったのは良いが、次の問題は荷物。こんな短かったら荷物が積まれてないかも?とかなり不安だったのです。この不安は的中!カイロに着くや、日本から来た人の半分ぐらいの荷物が飛行機に乗ってなかったとのこと・・・私のは出てきたのですが、B記者のは見当たらず!ざんね〜ん!ってこんな事、あっちゃいけないでしょ!バッゲージクレームを出しました。

明日の便で何とかしますって言うけれど、私達は明日の夜にはルクソールに飛んでます!と説明。するとルクソールまで届けますって言うけれど、2泊したらアスワン行っちゃうよ〜と。何でこんな事になってるの?と怒りがこみ上げつつ、ふぅ〜とため息をつくばかり。B記者はクレジットカードの海外保険に入っていたようだったので、安心しつつ・・・この先どうなる事やら・・・こんな始まりでした。えっ、まさかはまだまだ続きますが、今日はここまで。
▲TOPへ戻る
▼アレキサンドリア&ルクソール編へ
★★エジプト関連のFUJIKO注目商品★★



パピルスコースター5枚


ジュエリーボックス


手刺繍のアップリケ
デザインは色々あります
でもとっても可愛いのが
多いです!


缶入り紅茶 6缶セット


木製ハンドメイドパズル


カイロ博物館


エジプト近現代史


エジプトの都市社会


エジプト神話の図像学


世界一周 遺産紀行 Vol.3

Copyright (C) Kurza All Rights Reserved.
inserted by FC2 system