★くるざ上海より交通にマツワル情報★
・タクシーの天井についている名前のプレート。前後で名前が異なっている車が増加中。水色の大衆はニセモノが少なく安心!
・最近スリの被害を周辺で多く聞くようになってきました。地下鉄やバスだけでなく、街中でもあるようなのでご注意下さいませ。(08.04)
 TOP >> 交通・電話・郵便

交通|便利なサイト地下鉄バス2F建てバスシャトルバス空港バスタクシーリニア電車自動車

電話|固定電話IP電話IP電話カードSkype

郵便|国際小包EMS国際通常郵便物国内通常郵便物国際宅配会社その他

 交通

▲便利なサイト

上海公共交通カード(中文) 2008.04現在

旧型の緑と黄色のカードはデポジット30元(返却時に返金、デポジット以外で10元以上の残金で10%の手数料が発生)で駅や駅構内の売店などで購入でき、新型のピンクは20元ですが、内容は一緒です。地下鉄・バス・タクシー・マックなどで共通で使えます。記念カード、腕時計や小さなカードなども出て種類が豊富になってきました。2年以上使用しないと使えなくなるそう。

チャージは駅の窓口やチャージ機で出来ます。日本のスイカと一緒で便利です。一方で、すり返られる事件などもありますので自分なりの目印をつけると共に、スリ対策としてチャージは100元程度にしておくのが良いかと。

上海城市交通(中文、上海市内の交通を網羅している便利なサイト)

城市軌道交通研究(中文、交通関係のニュースが多数、雑誌も出しています)
▲TOPへ戻る

▲地下鉄 2008.08更新

切符は窓口でも買えますが、最近は自動販売機が増えています。画面をタッチするだけで買えるので便利です。青いマシンは交通カード用のチャージ機械です。こちらも窓口でも行えますが、並んでいる時は機械が便利。上海万博までどんどん地下鉄も延びて広がっています。地盤沈下は大丈夫かな?と思う今日この頃です。


上海の地下鉄は随分綺麗です。特に新しい路線は東京の南北線や大江戸線のように車体も駅も綺麗です。駅にゴミが落ちてないのが気持ちいいですね。ちゃんと色分けもされており、乗換えも簡単です。1号線は赤、2号線は緑といった感じです。随分乗り換えも便利になってきています。(現在のMAP)

地下鉄といっても地上に出ているものもありますが、都心部は全て地下になっています。料金が安いのが魅力です。3元(50円)〜程度です。バスや地下鉄は90分以内の乗り換えならば1元引きとなります。

▲TOPへ戻る

▲バス

料金は1元(30円)〜で、だいたいが2元ぐらいです。深夜バスなどもあるので、看板の時間帯を確認して下さい。空調があるなしで、0.5元ぐらい違うのもあります。ワンマンと2人のがあり、ワンマンならば前で払います。上記の交通カードを持っている人はタッチするだけで、現金の人はワンマンの場合は入り口でチャリンと入れて自分でペラペラの乗車券をとり、係りがいる場合はお金を渡せば乗車券と引き換えてくれます。


FUJIKOが一番好きなのがバス。空調バスの場合、交通カードを使えば更に色々な割引が受けられます。@地下鉄やバスで90分以内の乗換えなら1元引き。A1ヶ月70元以上使うと、それを超えた分が1割引きに。

15元ぐらいのバスの乗り換えガイド(上海公共換乗指南)はとても便利です。大きめの本屋さんなどに売っています。バス停などを調べる時によく使っています。上海市内のバスはとても多く、バス停もたくさんあります。東京と違うのは、上りと下りのルートが異なることが多い点です。またバス停が必ずしも上りと下りで道を挟んで反対側にあるとは限らない点です。よって、事前に調べておくと良いと思います。便利なサイトはmapbar.com。私の周囲の上海人はよくこのサイトを利用しています。
★2F建てオープンバス★
去年の今頃に見かけた911路の2F建てオープンバスが、今年に入り観光バス1路に変更して走っています。3元で上海市内の見所を回れるので、お得かな?と思ったり。人民路(豫園周辺)−淮海中路(フランス租界)−衡山路(夜のスポット)−漕渓北路(徐家匯)−上海体育場というルートだそう。あまり本数は無いですが時々見かけます。平日の昼間はガランガランなので、意外と穴場です。

※参照記事 (2008.10更新)
井上さん@打浦橋のページに具体的な記事がありましたので、ご紹介させていただきます。とても詳しくて驚きました。まさにこの通りです!
▲TOPへ戻る

▲シャトルバス 2008.12現在

浦東空港−徐家匯のホテル間のシャトルバスですが、宿泊の方で時間が合う場合は利用すると便利かと思います。浦東空港へのバスは1人40元ですが、ホテルのコンシェルジュでの予約が必要なため、満員の場合は乗車できません。浦東空港からのバスは国内1号出口の大衆交通サービスセンターで受け付けています。団体などで車が必要な場合は右記まで電話してみて下さい。021-6464-3898、133-0191-2927(陳先生)

 ◆オリンピックホテル→華亭賓館→建国賓館→浦東空港
   6:10→6:20→6:30→7:30
   7:05→7:15→7:30→8:30
   9:20→9:30→9:45→10:45
   12:10→12:20→12:30→13:30

 ◆浦東空港→オリンピックホテル、華亭賓館、建国賓館
   7:45→8:45/10:00→11:00/13:00→14:00/15:00→16:00
▲TOPへ戻る

▲空港バス(中文)

これがとっても便利です。到着ロビーを出ると空港エアポートバスが各方面に出ています。ここでご紹介しておきます。停車駅の詳細は上記HPよりご覧下さい。

機場1線:虹橋空港直通(30元)⇒空港行6:00-21:30、空港発7:00-23:00
機場2線:静安寺直通(22元、約40分)⇒久光百貨に到着。空港行6:00-21:30、空港発7:00-23:30
機場3線:銀河賓館(20元、約90分)⇒リニアの龍陽路駅(12元)、打浦橋(16元)、徐家匯公園前(18元)など。
      空港行5:30-20:00、空港発7:00-23:00
機場4線:虹口足球場(22元)⇒五角場(20元)など。空港行5:40-21:00、空港発7:00-23:00
機場5線:上海火車駅(22元)⇒浦東大道(16元)など。空港行5:30-20:00、空港発7:00-23:00
機場6線:中山公園(20元)⇒老西門(16元)など。空港行6:00-20:00、空港発8:00-23:00
機場7線:上海南駅(20元)⇒空港行6:30-21:30、空港発7:50-23:00

何度も利用していますが、今年一部値上げとなりました。2線を一番利用していますが、それは40分程度と早く15分に1本ぐらいは出発しているからです。6線の終点の中山公園を利用した時は終点が駅から少し離れていて不便でした。3線と4線も何度か利用していますが、終点まで90分ぐらいかかって長く感じました。時間帯にもよるとは思いますが、平日の朝や夕方はラッシュなので比較的混んでいます。

▲TOPへ戻る

▲タクシー


タクシーは色々な種類がありますが、比較的安全というのは水色の大衆(da4zhong4)、橙色の強生(qiang2sheng1)、白の錦江(jin3 jiang1)です。他にも黄緑の巴士(バーシ)や赤や青のが走っていますが、なるべく最初の3つをオススメします。私は巴士で追突1回、衝突1回を経験しましたが、街中でもやはり事故が多い気がします。屋根の上にある名前のプレートが前後で異なっているのもあるので色で見分けて下さい。運転手の顔写真の下に★印もありますので、2つか3つの運転手をオススメします。無印の場合は道を知らないこともありますので・・・

初乗りは11元で、市内なら20〜30元程度で行き来できるので便利ですが、この運転は見れば見るほどハラハラします。浦東空港へ行く際に、会社の車が無い時は大衆交通の空港サービスを利用しています。一般のタクシーと値段は同じながら、上手な運転手さん&良い車で快適です。朝だと45分ぐらいで150元ぐらいで着きます。上手な運転手さんを見つけたら個人的に携帯番号を聞いておくと次回以降は便利です。私は現在2人にお願いしています。もちろん空港へのお迎えをお願いできますが、到着時間がマチマチなのでその分値段が読めません。
▲TOPへ戻る

▲リニア(磁浮列車) 2008.01更新


浦東空港と2号線の龍陽路駅を7分で結ぶ。最速431Km。片道50元(当日の搭乗券を見せると40元、交通カードでも40元)。朝と深夜は運転していないのでご注意を。

龍陽路駅は白タクが多いので、2号線の乗換えがベスト。最速は一瞬ですが、リニアがすれ違う時の衝撃も体感する価値アリ♪
▲TOPへ戻る

▲電車(上海鉄路局HP)

上海駅が上海最大の鉄道の駅ですが、上海西駅もあります。最近新しくできた上海南駅は開放感がある近代的な建物で驚きました。大きな荷物を抱えた人も多く、改札口では荷物のセキュリティーチェックなどもあります。上海からは中国全土どこにでも行けるので、鉄道の旅も楽しいと思います。私はトイレがキレイでないとダメな性格なので、新幹線や青蔵鉄道ぐらいなのですが・・・。男性なら関口さんみたく色々楽しめる国かもしれませんね。但し駅にはスリなども多いので、貴重品などにはくれぐれもご注意下さい。

切符は当日を含んで11日前から発売。但し大型連休や国の休みの日には事前に短縮となります。一番安く買うのは上海駅や上海南駅の窓口。但しいつも混んでいるので、次に便利なのは代理店。代理店は1枚5元の手数料がかかりますが空いてます。旅行代理店などでは1枚10元程度の手数料となります。ネットでも一部の上海発のチケットが買えますが、帰りも買うならば代理店が良いです!FUJIKOの行きつけは交通大学そばの宜山北路50号(6438-7668/8:30-19:00)です。

※参照サイト  ・国内時刻表(ip138.com)  ・火車票網
 ・上海鉄路局:上海駅市内售票処→上海駅&上海南駅発のみ可。
 ・上海鉄路局:上海駅代理售票点→手数料1枚5元で全国可。
【新幹線〜和諧号he2xie2hao4〜】
上海南駅からは杭州、南京、義烏行きなどの和諧号という新幹線が走っていて、杭州までは1時間程度で着きます。これが出来てからは便利なので、いつも電車を利用しています。杭州行きは乗り場も一部のみ特別扱いなので、空いてて便利です。他の行き先は上海南駅の最上階から出ています。待合室もあります。

ところで、こちらの電車は16両編成など長いものが主流です。1等席は1号車など端っこのことが多いので、プラットホームに出てからも結構歩きます。改札は15分前ぐらいから始まるので、なるべく早めに行くことをオススメします。1等席と2等席の値段は数元程度の違いなので、1等が良いかな?と思います。
▲TOPへ戻る

▲自動車

来た当初から驚いているのですが、フェラーリーとかを普通に乗っている人がいるんです。自家用車は数百万円以上、外車はそれ以上もするのに、買っているんですね。男性は数千万円の家を買って結婚し、子供が産まれた頃には車を買う。こんな若者達の姿を想像できるでしょうか???

それに伴い、ロードマップなども本屋に並んでいます。日本ではマイカーブームというより軽自動車ブームになっていますが、こちらはこれからといった所。歴史が浅いせいか、駐車場入れ等はいまいちですが。
▲TOPへ戻る
 電話

▲固定電話

上海電信の固定電話では次のようになっております。これだと日本にかける場合は1分120円となります。このため、固定電話以外の電話として、IP電話が普及しております。掛け方:00-81-3-12345678(03の3は外します)

●市内:3分までが0.2元、その後0.1元/分

●国内(上海以外):0.4元/分
●国際:8元/分(0〜7時までは4.8元/分) ●香港・マカオ・台湾:2元/分
▲TOPへ戻る

▲IP電話

上海電信では17909というIP電話を出しています。これだと日本にかける場合は1分3.7元(約56円)となります。上よりはかなり安くなったきがしますね。マンションによってはこれがもう少し安くなるケースもあるようです。掛け方:17909-00-81-3-12345678(03の3は外します)

●国内:0.30元/分 ●国際
 2.40元/分(アメリカ、カナダなど)
 3.60元/分(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本など)
 4.60元/分(その他)
●香港、マカオ、台湾:1.50元/分
●17909への接続:0.10元/分
▲TOPへ戻る

▲IP電話カード

街中のスタンドや駅構内、ネットなどで目にする国際電話カード。色々な種類があるので試してみた所、この絵柄の中国電信の17908が一番長く話せました。額面は100元ですが、駅や街中の売店では25元程度で40分は話せます。交通大学内の食堂の前の生協では20元で売ってます。

同じ17908でも他の絵柄は20分ぐらいのもありました。他の会社のも試しましたが、額面が同じ100元でも1分8元などになっていて、これまた20分ぐらいしか話せなかったりまします。最初は1枚を買って試してみて、OKだと思ったら同じお店で同じ絵柄のものを購入するのが一番良いです♪


17908にかけるのに市内電話(3分までが0.2元、その後0.1元/分)がかかります。よって、実質的には1分1元(約15円)といったところです。気兼ねなくかけられる値段になってきましたね。有料の電話の中では一番良いサービスではないかと思います。掛け方:17908-1(中国語)-裏を削って12桁を入力-#-パスワード4桁-#-00-81-3-12345678-#(03の3は外します)

▲TOPへ戻る

▲Skype

最後は無料の電話をご紹介!これは究極の電話で、Skype同士ならば全て電話が無料です。相手が固定電話の場合でも1分数円単位でかけられます。特別な手続きは不要で、ダウンロードするだけ。必要なのはマイクとスピーカー。更にWebカメラがあればテレビ電話にもなります。多少雑音が多いですが、それは仕方ないですね。年配の方達はあまり好まれませんが、一応最先端はこんなレベルということでご紹介!Skypeは世界どこでもOKなので、ボーダーレスです。今後主流になるのではと期待しております。電話代って何?という子供達世代がすぐそこまでやってきています!


<07/05/10追記>
M記者とお揃いのSkype用ワイヤレスフォンを購入してみました。これはPCとUSB接続しているだけで、充電も出来、100m以内ならどこでもワイヤレスで電話がかけられます。もちろんSkype同士は無料です。SkypeOut(固定電話や携帯などにかける場合)も利用していて、1500円分ぐらい購入してみましたが、国際電話でも全然減らず、断然お得です。いずれ固定電話が不要になりそうですね。
▲TOPへ戻る

 郵便 (上海郵政) (中国郵政EMS) (日本郵便)
2008.04現在

人の忘れ物を届ける手段だったり、至急必要!と頼まれたり、プレゼントだったり、色々な目的で国際間で使用されている郵便。国際小包はEMSのページで追跡可能(日本郵便での方が更新が早い)となっていますので、更に便利なサービスとなっています。

業務は郵便貯金、国内郵便、国際郵便など日本と同じような内容です。通常業務のコーナーはいつも混んでいるので番号札を持って並びます。しかし、国際郵便のコーナーは空いている事が多く、手続きは簡単です。上記は思南路のH&Mの裏にある盧湾(lu2 wan1)郵政支局。この地区の本局で、窓口も15まであり、国際小包は14番で預けられ、15番では受け取れます。受領の際には身分証と事前に届いた用紙をお忘れなく!
▲国際小包

今までに航空便とSAL便を利用したことがありますが、周囲の人に聞いても到着状況は様々。もちろん中身にもよるのですが、SAL便が意外と早く5日程度で着いたり、航空便が10日以上かかったこともあります。値段と時間のバランスから考えるとSAL便がお得かな?と思ったり。運行状況や税関での手続きなどで日数はマチマチです。航空便ならが1,601g以上なら通常郵便よりもコチラの方がお得になります。

 ●種類:航空便SAL便(両国間は航空便、それ以外は船便扱い)、船便 
 ●大きさ:長さ+幅+厚さ=300cm1辺の最長は150cm
 ●重量:20kgまで
 ●日数(上海⇒東京):航空便7〜14日、SAL便7〜14日、船便1〜2ヶ月(※あくまで目安です)
 ●包装:ダンボールなどの箱
 ●料金検索サイト:コチラより
 ●追跡サービス:現在一部のみ可能となっています。日本側のみ可能のため、1週間後ぐらいからでした。
           中国のEMSのページ(⇒コチラ)、日本のEMSのページ(⇒コチラ)

(単位元) 航空便 SAL便 船便扱
1kg毎 29.6 26.3 13.4
〜1kg 124.2 110.9 108.0
〜2kg 153.8 137.2 121.4
〜3kg 183.4 163.5 134.8
〜4kg 213.0 189.8 148.2
〜5kg 242.6 216.1 161.6
〜10kg 390.6 347.6 228.6
〜15kg 538.6 479.1 295.6
〜20kg 686.6 610.6 362.6
※以外に検査費用8元、保険は別途。

まず中身が何か確認されますので、まずは封をしないで国際包裹(guo2 ji4 bao1guo3)の窓口へ。厳しくないチェックを受けたら、次に包装してくれる場所に持って行きます。ここでガムテープでグルグル巻きにしてもらい、2.5元払います。作業内容は関係なく一律料金です。

その後で2種類の書類に記述するよう言われますので、下記に掲載いたします。左下の発送表(fa1 di4 dan1)が2元、真ん中の宛先ラベルが0.2元です。発送表は厚いので一番下まではっきり残るように強く書きます。選択ボックスには×印でチェックを。全て英語記載もあります。中身を書く欄は狭いですが、色々まとめて書くと良いかもしれません。


もし包装前に重さを確認したければ、近くにある測りで測ることもできます。国際小包は1`単位なので、あらかじめガムテープ分の重さは引いておいた方が無難ですヨ。

引き渡してから重さの測定結果と金額が印字され、控えをもらったら終わりです。あとは無事に着く事を祈るのみ。アーメン♪



※郵便局内でダンボール(郵件包装箱(you2 jian4 bao1 zhuang1 xiang1)を買うこともできます。以前中国の大きなダンボールを小さく切って送ったら、中身が怪しいと思われたのか1週間も止まってしまいました。(偶然かな?) その次は郵便局員のアドバイス通りダンボールを買いました。写真は2号の590*230*290で13.2元。これ自体の重さは840gぐらいでしたね。小さい物はもっと安くあります。

1号(530*290*370):15.2元、2号(530*230*290):13.2元、
3号(430*210*270):11.2元、4号(350*190*230):8.6元、
5号(290*170*190):6.7元、6号(260*150*180):5.9元、
7号(230*130*160):4.7元、8号(210*110*140):4.1元、
9号(195*105*135):3.8元、10号(175*95*115):3.3元、
11号(145*85*105)、12号(130*80*90)
▲EMS (中国郵政EMS) (日本郵便)

国際スピード郵便として有名なEMS。値段よりも時間が大事な時や重要なものはコレが一番。うちに日本から届く食品もいつもコレです。3日程度で着く便利なサービスです。最近は翌日に着くケースもあります。途中で中身を空けない?ということで更にスピーディーのようです。上海から各国への価格はコチラより。EMSの用紙:1.3元、EMS小:2.5元、EMS大:5元などは郵便局内で売っています。

(単位元) 封書など 物品
最初の500g/以後500g毎 115/40 180/40
〜500g 115 180
〜1,000g 155 220
〜2,000g 235 300

▲国際通常郵便物

◆小形包装物(日本郵便の小形包装物と同じです。⇒コチラより)

 ●種類:航空便SAL便(両国間は航空便、それ以外は船便扱い)、船便 
 ●大きさ:長さ+幅+厚さ=90cm、1辺の最長は60cm(許容差 2mm)
 ●重量:2kgまで
 ●料金検索サイト:コチラより。
 ※SAL便、船便共に国際小包より安くなります。
 ※航空便は1,600g以内ならコチラのほうがお安いです。100g刻みなので送料もお得に!

(単位元) 航空便 SAL便 船便扱
最初の100g/以後100g毎 14/9 8.5/5 7/4.5
〜100g 14 8.5 7
401〜500g 50 28.5 25
901〜1,000g 95 53.5 47
1,501〜1,600g 149 83.5 73.5
1,601〜1,700g 158 88.5 78
1,901〜2,000g 185 103.5 91
※書留(挂号)8元、保険は別途。

◆葉書やその他の郵便物
料金検索サイト(コチラ)に国名と内容を入れれば自動的に出てくるので、参照にしていただければと思います。これは便利で国内郵便なども分かります。葉書4.5元、手紙(20g以下)5元程度で、航空便なら5〜7日程度で着きます。目立つように【Air Mail】【Japan】とあれば更に良し。大きさなど色々な詳細はコチラ(中文)に掲載があり。
▲国内通常郵便物

項目は国際通常郵便物と同じなので、料金検索サイト(コチラ)で確認いただければと思います。葉書が0.6元、手紙(20g)0.6元といった感じでかなり安いです。国内EMSもありますが、コンサートチケットなどはいつも一般のバイク便が配達してくれます。上海ではこういう民間企業がものすごくたくさんあります。EMSは足跡が残るのでやはり大事な時は助かります。いつも封筒は交通大の生協で買ったものにしていますが、何も書いていない封筒は大学内の郵便局で不可と言われました。どうやらダメらしい・・・?

▲国際宅配会社

上海には色々な宅配会社が進出していて、よく街中でも見かけますので、参考までに。友人によると東京まで2〜3日で届いたとのことです。各社サービスも色々あり、価格競争が激化している模様です。日系ではヤマト、日通、佐川など多くの企業が進出しています。ただ基本的には法人向けなので個人は郵便局などが便利ですね。

 ・FedEx(アメリカ系)
 ・UPS(アメリカ系)
 ・AAE(アメリカ系)
 ・DHL(ドイツ系) :物品は〜500g220元、追加50g毎45元。
 ・TNT(オランダ系)

 ※送料の虎:国際宅配便の比較をしているサイトです。

▲その他

@運輸方法
 ・航空便/航空(hang2kong1)
 ・船便/水陸路(shui3lu4lu4)
 ・SAL便/空運水陸路(kong1yun4shui3lu4lu4)
 ・EMS/全球郵政特快専DI(quan2 qiu2 you2 zheng4 te4 kuai4 zhuan1 di4)
A種類
 ・手紙/信(xin4)
 ・小包/包裹(bao1 guo3)
 ・葉書/明信片(ming2 xin4 pian4)
Bその他
 ・郵便局/郵局(you2 ju2)
 ・ポスト/信箱(xin4 xiang1)
 ・料金/郵費(you2 fei4)
 ・切手/郵票(you2 piao4)
 ・プレゼント/礼物(li3 wu4)

色々サイトを読んでいたら、お金の送金なども出来るようですね。いつの間にそんなに信頼できる郵便サービスを構築していたのか・・・と思ったり。外資系の進出などが多いのを見ると、やはり物流が増えているのだなぁ〜と実感します。上海に来た旅行者の方々が、洋服を作ったり、変身写真を撮ったりして、後で日本へ送るというケースもあります。これは別送品として送るそうですが、いずれにせよ、楽しんで帰国してもらえれば何よりです。ただ送る方の話だと、少し高くてもEMSでしっかり届く方が安心だそうです。確かにごもっともですね。
▲TOPへ戻る
 


くるざ上海
【MENU】
老房子
ゴルフ
中国旅行特集

七宝朱家角周荘

蘇州杭州旅順

厦門・永定 ●ラサ

トルファンカシュガル

桂林陽朔龍勝

香港マカオ台北
マッサージ・スパ
美容院・ネイル
宅配
銀行・金融
音楽関連
書籍関連
住居&お料理





【上海関連商品】


Wii 上海



上海DS



瑠璃水晶
ミルクカップ4個セット



上海テーブルクロス



iPod selection
中国語 ビジネス編



地球の歩き方DS 上海



シャンハイシーズン



三国演義
三国志のまんが小説
羅貫中作



【王宝和酒家】
オリジナル紹興酒



瑠璃水晶
ミルクポット置物(茶色)



環境にやさしい
リニアモーターを
用いた新交通システム



ここまで来た!
超電導リニアモーターカー



瑠璃水晶 一輪ざし



上海老酒3本セット



闇市の帝王



アンティークのかご
(民国時代)



瑠璃水晶 置物(縦型)



上海ミニチュア黒タンス



シノワズリランプ



かわいい救急箱



軽量な片耳用ヘッドセット
手ぶらでskype電話も!
色々しながら電話も
できるので重宝!
便利な時代になりました。


【郵便関連商品】

レタースケール
(最大計量 500g )
2,000円代とお得



ポスタルスケール
ゆう太郎プラス
PS-600
20,000円以上



はらぺこあおむしで
メッセージを!
あぁ〜懐かしい。



日本郵便印
ハンドブック(2008)



郵便差出箱
第一号貯金箱
赤い丸ポストがカワイイ



郵便配達
マルコの長い旅



こだわり郵便ポスト
アイアンのエンブレム装飾



レゴ
郵便トラック



郵便ポスト



TIME
ポストを開けるのが
楽しみになるなと。



Newsweek
時々面白い記事が
あって読むことも。




ご意見・ご質問は
こちらへ
mail@kurza.com
  
Copyright (C) Kurza All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は、くるざ上海にあります。掲載された文字や画像などの無断転載は禁じられています。
inserted by FC2 system