TOP >> 中国旅行特集 >> 香港(ほんこん)
 
  アヘン戦争でイギリスの植民地が始まり、貿易と軍事の拠点となっていた香港。1997年にイギリスから中国へ返還され特別行政区となって今に至ります。

今回が2回目となる香港。強行スケジュールながら、良かったですね。本土と比べるとやはり洗練されています。サービスや建物の照明、人々の服装やお化粧などなど。やはりイギリスの影響が大きいんだなぁ〜と。

道路は日本と同じ左側通行で、2階建てバスやトラムが狭い道を行き来しています。香港ドルは人民元に対し0.99ぐらいとなり、3年前に行った時と逆になっていました。今回はレートが悪く、免税品は東京の方がお得だったのでショッピングは次回にして、九龍&香港島で食事や観光を楽しんできました。



 @フェリーで深セン・福永⇒香港・九龍
 Aスターフェリー乗船
 Bヴィクトリア・ピーク
 Cババ・ガンプ・シュリンプ
 D九龍公園&九龍清真寺
 Eスイーツの糖朝
 F文武廟&キャットストリート
 Gショッピング&トラム
 H女人街&スニーカー街
 Iマンゴで有名な許留山
 J男人街
 K居酒屋チェーン店の和民


地球の歩き方
2006〜2007年
2006年06月
ダイヤモンド・ビッグ

自由に歩いて見るなら、やっぱりガイドブックがあると便利。街中やホテルに無料MAPもアリ。※最新版をお求め下さい!
香港
(2007ー08)

地球の歩き方mook
2006年11月
ダイヤモンド・ビッグ

女性が好みそうなレイアウトの本です。目に止まるデザインで。これら4冊の中では一番発行が新しいものです。
香港へ行きたい!
2006年05月
メイツ出版
中港亜紀

イラストで香港を紹介している本!日帰りの深センにマカオなどの周辺情報もアリ、イラストならではの面白さ!
ぴあmap香港
(2007)

2006年09月
ぴあ

グルメやショッピングに色々!ディズニー情報なども、オススメはクーポン券、ちょっとでもお得になるなら嬉しい!
 @フェリーで深セン・福永⇒香港・九龍  

前回は汽車で香港に行きましたが、今回は飛行機とフェリーの接続が良かったのでフェリーで!深センの空港に着くと、出口すぐの所にフェリー会社やバス会社があり、香港島・九龍・マカオ行きのチケットを売っています。ターボジェットを買った所、片道HK$185(約2,800円)で有効期限が2007/03/30となっていました。聞いてみると、いつ乗車してもOKだけれど、フェリーに乗る前に席の番号シールを貼ってもらって下さいとのこと。無料シャトルバスの発車場所を聞いて、早速外に出て乗車。10分ほどで福永埠頭に到着。座席番号シールをもらい早速乗船。船内で出国手続き書類を記入し、快適なフェリーに揺られること1時間ぐらいで九龍に到着。出国手続きはここで行われました。

深セン空港到着ロビーのカウンター

有効期限が2007/03/30のチケット

空港外より無料シャトルバスあり

10分もしないであっという間に到着

香港行きのフェリー

船内は綺麗で、本土の人が多数

香港着、この先で出国手続き

ターミナルに着くや許留山を発見!
▲TOPへ戻る
  Aスターフェリー乗船 〜Star Ferry〜 19:30頃 

九龍から中環までスターフェリーに乗船。2階建てで1FがHK$1.7、2FがHK$2.2でしたので、2Fの一番前に座りました。摩天楼が最高!香港来て良かったなぁ〜と思いました。これは夜7時半頃の様子です。感動!の一言です。10分足らずで終わってしまうので、シャッターチャンスをお見逃し無く!

九龍のスターフェリー乗り場

夜景が凄すぎます!生きてて良かった・・・

香港島・中環のスターフェリー乗り場
▲TOPへ戻る
 Bヴィクトリア・ピーク 〜Victoria Peak〜 20:30頃 

香港と言えばココというぐらい有名なヴィクトリア・ピーク!初日に行ってきました!中環のスターフェリー乗り場からピークトラム乗り場までバスで5分。着くや人・人・人。待つこと30分。544mの山頂まで10分もせずに到着。着くやどんどん上に上がっていくと、景色が突然広がってきます。ホントにホントに綺麗!!!写真では伝えきれないので、実際見てみて下さい!これを見ないと後悔しますヨ!なんてね。ところでピークにはバスでも行けるようですね。マダム・タッソーの蝋人形館はピーク・タワーにあります。

ピークトラム乗り場にあったタッソーのチケット売り場

とにかく人・人・人の大混雑

到着後、更に上に上がっていきます

キャ〜感激!キラキラ光が眩しくて!

山頂にあるピーク・ギャレリアというショッピングモール

山頂のピークトラムの駅
▲TOPへ戻る
 Cババ・ガンプ・シュリンプ 〜BUBBA GUMP SHRIMP〜

NYのタイムズ・スクエアでY記者に教えてもらい食べて以来だったので、見つけた途端入ってしまいました。東京のラクーア(ぐるなびリンク)にもあります!ここからの景色が最高でした!窓際は最高ですよぉ〜!オススメ。この下の階には日本食屋さんも入っていました。ここで長居して23時00頃までいた所、帰りのトラムがこれまた混んでいて30分待ち。そしてフェリーと思ったら、ちょうど最終(23:30)が出てしまった所で呆然。ふぅ〜と電車で帰る気もせず、タクシー乗車。九龍までトンネル通行料込みでHK$85でした。目の前に見えても結構走るなぁ〜と観光気分!皆さんもご注意下さいね!

グッズも販売している店内

大好物のエビのメニューが豊富でHAPPY

夜景がゆっくり見られるなんて幸せ!
▲TOPへ戻る
 D九龍公園&九龍清真寺

気持ちよく朝から散歩!というわけで九龍公園へ。都会のオアシスですね。14万kuもあるそうで、綺麗に整備されていて噴水もありました!静かでゆっくりするには良い場所ですね。食べ過ぎたら散歩が大事!歩いて歩いてダイエット?お隣には香港最大のイスラム寺院がありました。バス停の目の前だったのですが、中に入ってみました。靴を脱ぐや、男女に分かれてお祈りの部屋へ。女性は子供達を抱えて一緒にいましたね。こんなに敬虔なイスラム教徒も多くいるとは改めて驚きました。もともとはイギリス軍内のインド兵用だったとか。

入り口に派手な看板を発見!

白い新しい建物で、中はひっそりと

寺院周辺は尖沙咀の駅やバス停があり賑やか
▲TOPへ戻る
 E糖朝 〜Sweet Dynasty〜 住所:4/1より広東路100号

日本で香港のスイーツというと必ず出てくるココ。これもY記者に台湾で連れていってもらって知ったお店です。ニコタマでも食べましたが、甘さ控えめの印象でした。というわけで本場でも。ブランチでお粥をココで食べるついでにデザートも頼みました。甘くないのでサラリと。思っていたよりお皿や器が全般的に小さいですね。腹八分目が良いのでしょうか?
▲TOPへ戻る
 F文武廟&キャットストリート

上環にある観光名所の文武廟へ。文武両道の神が祭られているということで、中に入ったのですが、皆長いお線香に火をつけて歩いているので、狭い通路を歩いていくのが精一杯。真剣に祈っている人が多い場所でした。出口には占いなどもありました。骨董品街のキャットストリート(摩羅上街/Upper Lescar Row)やアンティークの掛け軸や仏像が多いハリウッドロードの周辺は骨董品として有名ですが、ゴチャゴチャ本当に色々ありました。上海の東台路みたいな感じでしたが、土地柄か西洋的なものも多かったです。
▲TOPへ戻る
 Gショッピング&トラム

コーズベイにあるそごうへランチを買いに!上海の久光(香港SOGO系)とは違って、輸入メインといった感じ。よって商品価格も日本の値段×1.5ぐらい。上海は色々な工場があるから、食品を安く買えるのかな?と思ったり。とりあえずYEBISUの琥珀ビールと握り寿司をGET。Y記者が大好きなH&Mもそろそろ上陸するようで、マドンナの広告があちこちにありました。ドバイでもありましたね。免税店は広東路にあったので、覗いてみると結構高い!成田より高い!日本人のオジサン集団がお隣でドッサリ買っていたので、話を聞いていたら、ゴルフで遊びに来てるから家族に頼まれた物は買っていかなくちゃと。その通り!高いかどうかなんて分からないんだろうなぁ〜なんて思いつつ優しいパパは◎!トラムはこんな感じで香港の街並みに調和して走っています。上海のバスとは大違いだなぁ〜。

▲TOPへ戻る

 H女人街&スニーカー街

21:30頃 


旺角(MongKok)は地元の人が多いエリアだそうで、通称女人街(通菜街)やスニーカー街(花園街)があります。旺角駅から歩いて5分ぐらいで到着。女人街とはありますが、女性用以外でも色々なものがありました。お隣の通りは通称スニーカー街というので期待してみましたが、多くの靴屋が並んでいるわけではありませんでした。行列が出来ているお店にたこ焼きみたいのがあったので食べてみた所、形はたこ焼きなのですが、中身がないのね・・・下着などは上海の城隍廟の方が安いですね。北に行くと金魚街があります。


▲TOPへ戻る
 I許留山 〜HuiLauShan〜
ここは女人街の手前にあった許留山にて。(奄ヘ九龍埠頭近くのお店)狭いながらにも老若男女で満員御礼のこのお店。あまりに疲れたので一休憩。風邪ひきながら取材はきついのですが、これを食べれば私のバッテリーは10%ほど回復します。

連日食べているこの許留山。メニューが上海よりたくさんあるので、何だかとっても嬉しい感じ。それにしても毎日行ったのに、食べるのに夢中で肝心のデザートを撮り忘れていた模様・・・悲しいがな。ということで僅かに残っていた写真をUP。
▲TOPへ戻る
 J男人街

油麻地(YauMaTei)にある通称男人街(廟街)。女人街から地下鉄1駅乗って佐敦(Jordan)へ。多くの観光客が流れを作って歩いているので、ついていくこと7分。こちらは女人街よりも色々な種類のお店がありました。もちろん女性物もありますし、ゲーム、オモチャ、ジャケット、ワイシャツ、ナイフなど多岐に渡っています。どちらか片方行くなら、男人街の方が面白いかもしれませんね。
▲TOPへ戻る
 K和民 〜Watami〜
あまりに疲れた時は日本食を!と言うわけで偶然街中で出合った和民に直行!とにかくカキフライが食べたい!昔から頭の回転が遅くなってきた時には必ずカキフライを食べる私FUJIKOなのです。欲して食べてアタラナイがモットーなのですが、大丈夫でした。やっぱり香港だもんね。

狭い香港の立地を上手に活用すべく席がL字型ということ。かなり斬新な発想。そのうち一型になってたりして・・・と思ったり。嫌いな上司と行った時はこの距離感がセクハラに匹敵するけど、恋人同士ならあったか空間。
▲TOPへ戻る


夜景マンゴープリン
6箱セット


香港ドラゴン白ワイン
6本セット



香港八景チョコレート
6箱セット


アーモンドチョコレート
12箱セット

香港行きの格安航空券
はこちらでGET!
Copyright (C) Kurza All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は、くるざ上海にあります。掲載された文字や画像などの無断転載は禁じられています。
inserted by FC2 system