TOP >> 中国旅行 特集 >> 義烏(イーウー) 2008.07現在 
 
【世界の市場】と言われる巨大市場のオンパレード・義烏。恐るべし街。
  世界の市場と言われる巨大市場・義烏へ行ってきました。D685の和諧号で上海南駅7:25発→義烏9:40着。快適な新幹線は1等席だけでなく、全ての席がほぼ満席。

とってもキレイな近代的な駅に着くや、タクシーに乗車。真っ先に向かったの4星の海洋酒店。アーリーチェックインもでき、荷物を置いて、フロントで地図をもらって、早速目の前の福田市場へ。今回はココのみに。他にも布市場、宝石市場などの巨大市場が点在しています。

夜は義烏の繁華街に行きましたが、これまた驚き。何がって、アラブ人が大勢いて、普通語を話し、タクシーに相乗りしてきたり・・・。中国で唯一特別な長期ビザが発行されている場所のためか完全なる国際都市。一体ココが中国だなんて誰が信じられるのか?といった感じでした。朝食の際も回りが全て外国人で商談してました!



 @和諧号で上海南駅から義烏へ
 A最佳西方海洋酒店(海洋酒店)
 B福田市場
 C重慶火鍋の蘇大姐&Papa John's
 D賑わう商貿区の様子
 E三挺路夜市



 @和諧号(新幹線)で上海南駅から義烏駅へ

上海南駅7:25発、D685号の和諧号(新幹線)にて義烏へ。この列車は南駅の最上階から出発でした。(杭州行きの一部は1F下から発車なのですが・・・。) 1等席にすると自動的に1号車になってしまうのですが、16両編成のためプラットフォームもかなり歩きます。15分前に改札が開きますが、時刻通りに入っても席に座るやすぐに出発という感じ。途中の杭州で降りる人も結構いましたが、満員の電車にビックリ。何度かトンネルをくぐり、車窓からは畑や山などが広がっていたのでかなり田舎だなぁ〜と思っていたのに、到着した義烏駅はかなり近代的で、かつ結構外国人が多く、これまた驚きました。タクシー乗り場は外にありました。この日の気温は38℃。ホームの上にいるだけで倒れそうな暑さでした♪
▲TOPへ戻る
 A最佳西方海洋酒店(Ctrip) 住所:福田路99号  :0579-8518-8888
  Best Western Premier Ocean Hotel ★★★★★(FUJIKO'S)

Ctripで見つけた2005年開業の4つ星ホテル。義烏駅からはタクシーで20分(35元)程度で到着しました。評判が非常に良かったので商務大床房を予約してみた所・・・大当たり。角の部屋で見通しが良く、景色が中国の田舎とは程遠く、本当に驚きました。朝食はバイキング形式でどれも美味しかったです。西洋料理も多数あるので◎。8時過ぎに食べに行った所、周囲は全部外国人。その上半分はアラブ系。中国語・英語・フランス語を操り逞しい限り。既に商談が始まる所もあったり・・・平日ならではの緊張感が漂っていました。

2Fにあるレストランでランチを食べてみたのですが、味はむぅむぅむぅという感じ。メニューは奥にある水槽やプレートから選ぶのですが、ここで魚介類を食べる気がせず軽いものを中心にチョイス。しかし水が良くないようで、饅頭やご飯の色が真っ白じゃないのが気になったり。やっぱり田舎に来てしまったのか?味に違和感があったので、ほどほどにして終わり。千島湖ビールはサッパリとした味でした。
▲TOPへ戻る

 B福田市場

ホテルから一番近い福田市場の入り口はF区とG区。福田市場(国際商貿城)はA区〜H区まで分かれています。とにかく大きくて大きくて全てを1日で回ることはできません。良いなぁ〜と思ったら店の名刺をもらっておくことをオススメします。二度と辿りつけなくなるかもしれませんので。

A〜E区はアクセサリー、小物、雑貨、陶磁器などがありました。あまりに大きすぎて歩くだけで精一杯。結局2Fぐらいまでしか見なかったのですが、本当にかなりの数がありました。アクセサリー好きの人にはたまらない場所かな?ただ多すぎると疲れます。F区は1F:バッグ、雨具、傘/2F:工具、電子部品、鍵/3F:キッチン道具、のこぎり/4F:香港館、四川館、韓国館、直営店舗/5F:外国製品。G区は1F:バッグ/2F:工具、カーパーツ/3F:電子部品、時計、電池/4F:直営店舗、バッグ/5F:外国製品。H区は雑貨が目立ちましたが、この辺でダウン。もう当分こういった商品は見たくないなぁ〜一生分見た感じで疲労困憊となりました。もともと雑貨とかに全然興味がなかったからかな?

早速福田市場へ。ホテル近くのG区から入りましたが、1Fは歩いても歩いてもバッグだらけ。トランク、ブランドのパクリ、トートバッグ、リュック、ショルダーバッグ、ハデハデバッグなど多数あり。全部見るだけで2時間ぐらいかかりました。特に欲しいものは無かったのですが、聞いてみると小売していない店が多く、「布や素材を決めて発注して1週間後に取りに来て!」と言われることが多かったです。

そこで小売してくれるお店を聞いたら、【現貨庫存】or【現貨xianhuo】or【Stock】と書いてあればOKとのこと。折角ここまで来たら何か買って帰りたいなぁ〜と思い、お土産として何点か購入しました。小売と言っても、結局はずっと店頭に飾ったままだったりするので、汚れていたり錆びていたりと難アリ商品が多いわけで・・・向こうはサンプルとして置いているだけなので気にしていないのですが、日本人へのお土産レベルは結構高いのでね(笑)。

EMSの可愛いポストを見つけましたが、どこの店舗も注文する時に住所を伝えれば宅配してくれるそう。しか〜し「品質はバラバラなので、必ず目で検品した方が良いよぉ〜!」とのこと。商売している人ならば知っているのかな?小売していない場合は10個、50個、100個といった単位で注文が可能だそう。最初に契約金を支払って、残りは全てが完了した後に支払いとのこと。よってここに長期滞在しないのなら、買ってもどうなのかな?なんて思ったり。あと1〜2個ならば上海でも同じくらいで買えるかも?なんて思いました。

商談をいくつか見ましたが、アラブ人や外国人が多いのにビックリ♪皆さん普通語をベラベラ話していて、問題なく注文しているのです。心配ご無用。家族で来ている人も多く、チャドル(髪を隠すベール)を被っている人もかなり見ました。よって店舗にはアラビア語も書かれていたり・・・。目立った言語は韓国語、アラビア語でした。何度か店員に「韓国人?」と聞かれ「日本人!」と答えると「珍しいねぇ〜。」と言われました。「日本人はコチラの人に委託していて実際は来ない人が多いのかも?」なんて言ってました。確かに私も3組ぐらいしか日本人を見かけませんでした。
▲TOPへ戻る

 C重慶火鍋の蘇大姐&Papa John's

義烏は思っていたよりもレストランがたくさんあり驚きました。地方都市などでは外国料理などは少なく、味付けも地元向けのものが多いのですが、数日の滞在では気にせず十分楽しめました。その中でも美味しかったのは火鍋。チェーン店ですが、その分安心して食べられたり・・・。ホテルで洋風のレストランを聞いた所、上海でもお馴染みのパパジョーンズを教えてくれました。行く気は全然無かったのですが、フラフラ歩いていたらちょうど前を通りかかったので、ケーキを食べました。どこも共通していますが、ちょっと水が気になるかな?と。上海でワトソンの蒸留水ばかり飲んでいたからか?水の味に何だか違和感を感じることが多かったです。

 ●重慶蘇大姐火鍋城  住所:商貿区6街1号
タクシーに乗車した際に「美味しい火鍋を食べたい!」と運転手さんに話した所、「韓国的?中国的?中国の火鍋なら蘇大姐だよ!」と教えてくれました。ホテルから10元程度で到着。19時半ぐらいに行きましたが、満員御礼で賑わっていました。鴛鴦鍋で好きな野菜や肉を頼んで1人80元ぐらいで満腹。火鍋は人数が多くなるほど安くなるためか平日にも関わらず大勢の家族連れが来ていました。それにしても結構高級車を多く見かけました。ここの街は田舎の割りに潤っているのが分かります。
▲TOPへ戻る
 ●Papa John's 住所:工人北路160号 пF0579-557-7272
ブラブラ歩いていたら着いたパパジョーンズ。中は西洋人やアラブ人など外国人ばかりでした。上海よりも外国人率が高いかな?と思ったり。こういうチェーン店は地方に行くと安心だったり。なかなか地元のお店にフラっと入るには勇気がいるもので・・・味は上海と一緒。ただコーヒーなどの飲み物はちょっと水が違うように思いました。

マック、KFC、ピザハットなどは見かけましたが、チェーン店の数はそれほど多くないようでした。アラブ人が多く集まるアラブ料理やイラン料理屋などが思っていた以上に目につきました。コーヒーショップもポツポツありました。
▲TOPへ戻る

 D賑わう商貿区(7街周辺)の様子

夜は賑わっている商貿区に行ってみたのですが、イラン料理や日本料理など色々あり、街を歩く人々も多国籍。日本料理屋「和気」は見たところ、日本風のお店で本格的には見えませんでしたが、イラン料理屋では多くの男性がペルシア語で話していました。ケバーブなどもあって、美味しそうでした。タクシーで行く時は、商貿区の何番地が聞かれるのですが、確かに行き先によって随分雰囲気が異なりました。食事?マッサージ?KTV?

足ツボマッサージが至る所にありました。屋台も夜9時頃から色々出ていました。そんな中、男性向けの怪しげなマッサージ通り?裏床屋?もありましたが、こんな所では衛生が大丈夫かな?と思ったり。周辺にはミニスカを履いた細い女性やベタっとしたお化粧をしている女性などが歩いていて、驚くよりザワ〜っとしました。アラビア語でも書かれている所を見ると、ここも多国籍地帯ってことですね。何はともあれ身体には十分ご注意を〜♪
▲TOPへ戻る

 E三挺路夜市(×工人北路)

パパジョーンズを出てそのままフラフラ歩いていると、中国小商品城があり、そこから垂直方向に長い露天が続いていました。三挺路夜市という名で、香港の女人街・男人街といった感じ。夜8時を過ぎても、外はまだまだ暑いのに、若い子達は元気いっぱいで、試着したり、刺青風のペイントやネイルを楽しんでいたり・・・完全に地元向けの市場ですが、時々アラブ人の家族連れや男性数人のグループがいました。屋台もたくさん出ていて、随分賑わっていました。南国に来たのかな?というほど活気があり、これは深夜まで続いていました。世界の市場と言われるこの街の割りに、一般のこういう市場は安くなく、Tシャツやネイルは50元前後でした。上海の方が小売は安いのかな?なんて思ったり。
▲TOPへ戻る

FujiFilm instax mini
7S チェキ チョコ

FujiFilm instax mini
7S チェキ ホワイト

FujiFilm チェキ用
フィルムお買得品

安室奈美恵
BEST FICTION

浜崎あゆみ
ALL SINGLES
Copyright (C) Kurza All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は、くるざ上海にあります。掲載された文字や画像などの無断転載は禁じられています。
inserted by FC2 system